車の買取の流れについて詳しく説明します

クルマを買い替える際には、それまで乗ってきたクルマを処分する必要ことになりますが、主に販売店に下取りしてもらう方法と、中古車の買い取り専門店に買い取ってもらう方法の2通りがあります。一般に高く売ることができるのは下取りよりも買い取り専門店です。しかし、買取は初めてという人にとっては結構敷居が高く感じることもあり、いったい何から始めたら良いのかがわからないということも少なくありません。そこでその流れを簡単に解説すると、主に2つのステップを踏むことになります。一つは一括査定サイトから申し込みの手続きを行うことです。そしてもう一つは、出張査定に来た買い取り専門店と交渉することです。申し込み手続きは1分もあればすぐに終わりますが、交渉に関しては少し手間がかかります。

一括査定サイトの申し込み手続き

一括査定サイトの申し込み手続きでは、まず売りたいクルマに関する基本情報を入力します。基本情報とは車種やメーカー、年式、走行距離などです。修復歴の有無が尋ねられることもあります。次に名前、住所、電話番号、メールアドレスなどの個人情報を入力します。住所や電話番号を教えたくない方は、住所や電話番号の個人情報の入力なしで申し込みが可能な一括査定サイトもあります。利用に関して費用は一切発生しない会社がほとんどです。また、一括査定を申し込んだら必ず売らなくてはならないわけではありません。査定結果を見て売りたくないと思ったら売る必要はありませんし、現在の相場だけを知りたいという人も利用が可能です。しかし、本気で売りたいと思っている人は次のステップに進んでいくことになります。

本番はメール見積もり後の出張査定で

一括査定に申し込むと、すぐに複数の買い取り専門店からメールで見積もりが届きます。見積もりメールに書かれた買い取り価格は業者によって多少違います。しかし、さらに大きな差が現れるのは次のステップに入ってからです。メールでの見積もりは最終決定の査定額ではなく、あくまでも仮査定と考える必要があります。本当の買取価格というのはこの後に始まる出張査定において決定されていきます。出張査定の申し込み依頼は届きますので、都合を合わせて日時を決めます。複数の業者から査定してもらうことになるので、日時が重ならないように注意しましょう。1社につき1時間半から2時間程度の余裕をみておくと安心です。出張査定では査定額アップの交渉をすることになります。業者同士を競い合わせるように持ち込むと、大幅に査定額をアップさせることができるでしょう。