これだけは知っておきたい車の買取知識

車を売る時に何を考えるのかは人それぞれですが、「高く売りたい」と考える人は非常に多いものです。売る時の方法にはいくつかの種類があり、下取りや買取りといった違いは元より、それぞれの方法の中にも注意するべきポイントや高く売るためのコツがあります。大切なことは、「適切な方法を選択できたかどうか」です。細かなポイントを含めて考えると、非常に多くの点を考慮しなければいけません。もちろん、すべてのポイントを網羅したアプローチができればそれに越したことはありませんが、そこまで徹底することが難しい場合でも一定の結果が期待できるよう、まずは最低限度のポイントだけでも覚えておくことが大切です。それにより、わずか数万円の査定結果が10倍になることもあり得ます。

「どこに売るのか」を決めるポイント

中古車の買取り価格は、相場で大まかな基準が決まります。ただ、相場で100万円なら最終的にその金額で売れるという訳ではなく、100万円を基準(目安)として据えながら、各業者が独自の状況において適当な価格を設定するという仕組みになっています。そのため、100万円という基準がある状況でも、90万円になったり110万円になったりします。要するに、「高く買い取ってくれる業者を探して利用する」ということが大切だということです。業者によって結果に違いが出るということは、一番良い結果になる業者を利用するだけでも効果があります。そして、より一層その効果を高めるために、「具体的な基準に則って業者を探す」ということがおすすめです。過去の実績などを参考にすると、おおよその結果を予想できます。

価格交渉をする時のポイントを押さえると効率が良い

中古車買取り査定で出た結果に満足できるかどうかに関係なく、多くの場合は「さらに高くなる余地がある状態」です。例えば、100万円が基準の状況で100万円という評価が出た場合、相場並みなので満足できると感じられたとしても、そのまま契約してしまうことは勿体ないでしょう。もし、さらに価格を高くして欲しいという要求をした場合、110万円になる可能性があれば実践した方が賢明です。価格交渉を行う際のポイントは、「明確な比較対象を準備すること」です。結果がどうあれ、相場と違っているからもっと高くして欲しいといっても根拠に乏しく、業者から十分に適切な評価になっているといった返答が返ってくることが容易に想像できます。しかし、他社査定結果としてより良いものがあれば、少なくともその結果を基準にしなければ契約の可能性がないことが明白になるので、価格交渉が成功しやすくなります。