出産内祝いは感謝の気持ちが一番大事

好まれやすい出産内祝いとは

みなさんは出産内祝いをされた事がありますか?出産内祝いというとどういうものを差し上げれば良いか迷うものですよね。人によっては高価なものを下さる方もいます。品物をやるとしても相手が気に入らなかったら邪魔になったりする事があります。
ではどういった出産内祝いが良いのか紹介していきます。1番好まれるのはやはり食品関係の物ですね。食品関係の物なら、気に入らなくても邪魔にはなりません。それに内祝いというのはお互いがお祝い事や幸せな事を分かち合う事なので、あまり高価な物はオススメしません。気持ちが大事なのです。なので、食品だとしてもあまり高価なもので無くても大丈夫ですのです。
特に人気なのが、スイーツやお菓子の詰め合わせなどです。スイーツやお菓子ならお互い気を使うことは無いので気持ち的にも良いかと思います。スイーツ以外にもフェイスタオルや日本酒なども好まれます。
次はお金の相場ですが、高くても5000円くらいが妥当だと言えます。2000円から5000円の間で内祝いをするのが一般的です。1万円を超えるような物は気持ち的にも重く捉える方もいると思うのでよっぽどな事がない限り控えましょう。今回は出産内祝いでの品物とお金の相場を紹介しました。相手の事を考えて気持ちを伝えるような物を送るようにしましょう。

出産内祝いの品物の相場

現在は、出産祝いをいただいたお返しに内祝いを渡す認識が多いのですが、もともとは子どもが生まれた喜びを親族や友人、ご近所の方に贈るものでした。時代と共に変わった出産祝いや出産内祝いですが、出産内祝いにはマナーがいくつかあります。
【時期】
内祝いを贈る時期は、生後1ヶ月~2ヶ月が良いでしょう。少し前までは、お宮参り後すぐという認識がありましたが、生後2ヶ月以内であれば不快な思いはされないないのですが、遅く贈ることは失礼にあたります。忘れた頃に贈られてきたということが無いように気をつけましょう。
【相場】
内祝いの相場は、いただいた品物の1/2~1/3です。いただいた出産祝いよりも高価な品物や1/3以下の品物は大変失礼にあたるので注意しましょう。
【熨斗やあいさつ状】
熨斗は何に対しての贈りものなのかきちんと伝えられるものです。表書きに内祝い、もしくは出産内祝い、と書き、紅白の蝶結びの水引を付けましょう。あいさつ状やメッセージカードは気持ちやお子さんの名前をお伝えできる機会です。是非、活用しましょう。
【贈られて困るものも】
内祝いで贈られて困る物はお子さんの写真や名前入りの品物です。正直、処分に困るという声が多いものです。消耗品や日持ちする食品が喜ばれる品物です。このような出産の内祝い一つとってもマナーがあります。せっかくいただいた出産祝いです。失礼のないようにマナーを守って内祝いを贈るようにしましょう。

TOPICS

出産祝いで喜ばれる品物

出産内祝いを贈れる期間 子宝に恵まれ新しい家族が増えると親戚や友人などから出産祝いをいただくことが…

READ

返礼品のマナー!出産内祝いについて

時間をかけて出産内祝いを考える 御懐妊、ご出産おめでとうございます。出産祝いをいただいた方に贈る出…

READ

出産内祝いは感謝の気持ちが一番大事

好まれやすい出産内祝いとは みなさんは出産内祝いをされた事がありますか?出産内祝いというとどういう…

READ

出産内祝いも適度な距離感を忘れずに

マナーのある出産内祝いを 子供が生まれて生活が大きく変わり、バタバタしている時。色んな人からお祝い…

READ