出産内祝いも適度な距離感を忘れずに

マナーのある出産内祝いを

子供が生まれて生活が大きく変わり、バタバタしている時。色んな人からお祝いされて、出産内祝いを頂いて、嬉しい反面、忙しい中ひとりひとりにお返しをしなくては…と、頭を悩ませてしまいますよね。ついつい、みんな同じものを…としたくなりますが、それはダメ!お返しの金額の相場は1/3~半分がマナー。安すぎては失礼だし、高すぎると気を使わせてしまいます。気持ちよくやり取りするために、ある程度は相場をおさえつつ、お祝いを下さった方それぞれに合ったものをお返しするようにしましょう。
ただ、一番大切なことは、金額ではありません。金額を気にするのはお祝いを下さった方に不快な思いをさせないためであって、単にマナーを弁えましょう、ということではないのです。余裕があれば、お子さんと一緒に写った写真や手紙を添えて、祝ってくれてありがとう、という気持ちを伝えましょう。あなたのお子さんの誕生をわざわざお祝いしてくれるような人なのですから、きっと喜んでくれるはずですよ。
出産内祝いは生後1ヶ月のお宮参り~遅くとも2ヶ月まで、がマナー…とは言いますが、無理をしてお体を壊されては元も子もありません。忙しい中でも、どうか楽しんで出産内祝いの準備してくださいね。

実用的な出産内祝いが人気

お祝い品などをいただいた際のお返しとして内祝いを贈ることがあります。結婚式の場合には引き出物がその役割を果たしますが、出産祝いをいただいた場合にも出産内祝いとしてお返しを贈るようにしましょう。出産内祝いは選ぶ際に迷ってしまいがちですが、実用的なものを選ぶのが基本です。
タオルや洗剤など誰もが使用するものから、お菓子やお茶などの食品関係も人気です。食品関係の贈り物をする際には相手の嗜好や都合に合わせた、賞味期限などができるだけ長持ちするような商品を選びましょう。
またお返しは基本的には気持ちなのでいくらでも構わないのですが、いただいた出産祝いに対してあまりにも安いと人によっては不満を持たれる場合もあり、のちの人間関係に影響を及ぼす可能性もあります。ということでお返しする品物の金額にも気を使わなくてはなりません。
相場は出産祝いとしていただいた品物の半額程度の商品を出産内祝いとしてお返しすることが多いようです。ただしいただいた金額が多い場合や、その方との関係性によって柔軟な対応をしていくことも大切です。また贈る際には「内祝」のしを付けることを忘れずに。名前を書く場合は赤ちゃんの名前を記入することが一般的です。漢字によっては読み方が難しい場合もあるので、そのような場合は読み仮名も記入するようにしましょう。

TOPICS

出産祝いで喜ばれる品物

出産内祝いを贈れる期間 子宝に恵まれ新しい家族が増えると親戚や友人などから出産祝いをいただくことが…

READ

返礼品のマナー!出産内祝いについて

時間をかけて出産内祝いを考える 御懐妊、ご出産おめでとうございます。出産祝いをいただいた方に贈る出…

READ

出産内祝いは感謝の気持ちが一番大事

好まれやすい出産内祝いとは みなさんは出産内祝いをされた事がありますか?出産内祝いというとどういう…

READ

出産内祝いも適度な距離感を忘れずに

マナーのある出産内祝いを 子供が生まれて生活が大きく変わり、バタバタしている時。色んな人からお祝い…

READ