返礼品のマナー!出産内祝いについて

時間をかけて出産内祝いを考える

御懐妊、ご出産おめでとうございます。出産祝いをいただいた方に贈る出産内祝い。しかしもともとはお祝いをいただいた方に贈るのではなく、幸せのおすそ分けを贈ることを内祝いといいます。なので、内祝いは出産内祝いをいただいてからではなく、出産する前から誰に何の出産内祝いを贈るか決めておきましょう。産後はやることが多いうえに、新しい家族との暮らしに慣れるまでは大変です。妊娠安定期にネットなどである程度目星をつけておくといいでしょう。内祝いは自己満足になってはいけません。日持ちしない食べ物は贈らない、名前入りギフトやカタログは贈る相手を考えてからにしましょう。職場の上司や同僚、友だちには、缶詰やお菓子、飲み物など、残らないものがお勧めです。逆に両親には残るものを贈りましょう。名前や写真が入ったものは喜ばれます。親戚にはタオルやお茶など実用品を、名前カードと一緒に贈って覚えてもらいましょう。また伝統などがある場合は事前に聞いておきましょう。友人には友人の好きなものやカタログギフトがお勧めです。但し、年配者にはカタログギフトより、物のほうが喜ばれます。また、直接お祝いをいただいた方や、赤ちゃんの顔を見に来た方には、プチギフトを用意しましょう。昔はマッチなどを包んでいたようですが、貰って困らないものであれば何でも大丈夫です。ただし縁起の悪いものは避けましょう【寿】と書かれた金封に入れて用意しておきましょう。

相手の事情を考えた出産内祝い

子供が産まれると親や親戚、友人などたくさんの方からお祝いをもらいますよね。現金だったり、ベビー服やおもちゃなどのベビー用品からおむつまで、その内容は幅広くあります。そしてお祝いをもらうともらった方々に出産内祝いを贈らなければいせませんが、出産内祝いは、何を贈ろうか迷ってしまう方は多いのではないでしょうか。そこで、出産内祝いを選ぶ際の注意点を書いてみたいと思います。
まず第一に注意するべき点は予算です。だいたいもらった額の半額~1/3の額で返すようにしましょう。そして、もらった額より多く返すことは相手を見下しているととられ、逆に失礼と思われてしまう場合もあるので絶対にやめましょう。第二に注意する点は、あまり親バカぶりを発揮する商品を選ばないことです。
例えば、子供の名入りや写真入りの商品は、赤の他人がもらってもあまり嬉しいものではありません。両親でしたら孫の写真入りなどでも喜んでくれるかもしれませんが、その他の方にとっては迷惑になることの方が多いので避けましょう。第三の注意点は、年代に合った商品をチョイスことです。例えばジュースを贈ろうとしたとき、お年寄りの家庭より、小さな子供がいる家庭の方が喜ばれますよね。そういう相手の事情をきちんと考え、その方にそったお返しを贈ることが大切だと思います。

TOPICS

出産祝いで喜ばれる品物

出産内祝いを贈れる期間 子宝に恵まれ新しい家族が増えると親戚や友人などから出産祝いをいただくことが…

READ

返礼品のマナー!出産内祝いについて

時間をかけて出産内祝いを考える 御懐妊、ご出産おめでとうございます。出産祝いをいただいた方に贈る出…

READ

出産内祝いは感謝の気持ちが一番大事

好まれやすい出産内祝いとは みなさんは出産内祝いをされた事がありますか?出産内祝いというとどういう…

READ

出産内祝いも適度な距離感を忘れずに

マナーのある出産内祝いを 子供が生まれて生活が大きく変わり、バタバタしている時。色んな人からお祝い…

READ