出産祝いで喜ばれる品物

出産内祝いを贈れる期間

子宝に恵まれ新しい家族が増えると親戚や友人などから出産祝いをいただくことがあります。子どもが生まれると生活があわただしくなり慣れない日々が続きますが、大人としてまた親としてお祝いに対するマナーを忘れるわけにはいきません。出産祝いをもらったら、忘れずに出産内祝いをお返しするようにしましょう。内祝いは本来、身内に嬉しいことがあった際にその気持ちをおすそわけするといったような意味合いで使われていましたが、現在ではお祝いをしていただいた方へのお返しというニュアンスで使われています。
そのため出産祝いをいただいた場合には出産内祝いとしてお返しを贈ることが一般的となっています。初めて出産祝いをいただいた際には出産内祝いを贈るタイミングに迷ってしまうこともありますが、出産後はさまざまな手続きなどもあり忙しくなります。母子の退院など、ある程度生活が落ち着いた後、時期にして出産後1か月から2ヶ月ぐらいを目安に内祝いを贈るようにしましょう。ただしそれまでの間、まったく音沙汰がないのはお祝いをしてくれた相手に対して失礼に当たるので、出産祝いをもらった段階で早めに電話や手紙などで感謝の気持ちを伝えるようにしましょう。

女性がもらって喜ぶ出産内祝いとは

私たちが出産内祝いのギフトを選ぶ際に気を付けたことは、もらっても使用しないものは避けることにしました。名前入りの置物などは貰っても困るとおもったので、出産内祝いには食品が一番無難で良いかなと思いました。食品でも生ものは避けました。なので、すぐに食べなければいけない、フルーツもやめました。出産祝いをくれた人は女性が多かったため、出産内祝いは女性がもらって喜ぶものを選びました。
女性は甘いものが好きな人が多いので、お菓子を選ぶことにしました。また、出産祝いをくれた人は30代がほとんどだったので、和菓子ではなく洋菓子にすることにしました。洋菓子でも、賞味期限がすぐに切れてしまう、ケーキ等の生菓子は避けましたなので、賞味期限が長い焼き菓子を選ぶことにしました。
最終的に色々とお店を調べて、有名店の出産祝いのギフトをオンラインで注文しました。選んだのはクッキーの詰め合わせです。色とりどりのクッキーで華やかだし、女性が喜びそうだと思ったからです。賞味期限も長いので、一つづつクッキーを味わえて良いかなって思いました。また、子供の名前と写真をカードに入れることができました。内祝いの感想を後日友人などから、聞きましたが、みな美味しかったと言って喜びの声を聴かせてくれました。

TOPICS

出産祝いで喜ばれる品物

出産内祝いを贈れる期間 子宝に恵まれ新しい家族が増えると親戚や友人などから出産祝いをいただくことが…

READ

返礼品のマナー!出産内祝いについて

時間をかけて出産内祝いを考える 御懐妊、ご出産おめでとうございます。出産祝いをいただいた方に贈る出…

READ

出産内祝いは感謝の気持ちが一番大事

好まれやすい出産内祝いとは みなさんは出産内祝いをされた事がありますか?出産内祝いというとどういう…

READ

出産内祝いも適度な距離感を忘れずに

マナーのある出産内祝いを 子供が生まれて生活が大きく変わり、バタバタしている時。色んな人からお祝い…

READ